ファイナンスのお勉強
株式投資、不動産投資、FXをやるためにファイナンシャル・インテリジェンスを身につけていこうというブログです。『金持ち父さん貧乏父さん』から影響をうけました。マインドマップでお勉強してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイナンス講座受講してきました
昨日、全三回で行われたファイナンス講座修了しました。

福岡においては資産運用や株・FXについての講座やセミナー等はそれなりにあるのですが、ことファイナンスを一から学べるところというのはなかなかないと思います。
私が今回受講したのは、企業研修・コンサル会社、ナレッジネットワーク主催の「ビジネスプロフェッショナルスクール」のリーダー養成コース「ファイナンス」です。

講義内容は、はじめはB/S、P/Lの見方からはじまり、現在価値、将来価値、割引率の求め方、そして企業プロジェクトのキャッシュフローや正味現在価値を求めて投資判断できるようになるという全3回の内容でした。

受講者数も限られており、講師の方との距離も近くて、学ぶ環境としては最高だったと思います。受講者の方もやる気のある人ばかりでいい刺激になりました。

講師の早嶋さんは海外MBAを取得し、現在マーケティング、ファイナンスを専門として企業コンサルを行っているので、実用的な例もたくさん交えて教えていただきました。早嶋さんはとても頭のきれる方で、私と歳が一歳しか変わらないのにどうしてこうも違うのかと会うたびに思います。

講座の最後に、普通大学などで行っているファイナンスの講義30時間ぶんの15時間を2時間×3日の6時間で行い、今回学んだ知識で世の中の金融商品や企業の価値をある程度はじくことができるとおっしゃられていました。

私は去年よりこのブログにてファイナンスの勉強をやっていたので、少し余裕こいて受講したのですが、自分は全然理解していなかったことが分かり反省しました。
やはり、独学と教えを請い受けるというのはだいぶ違うと感じました。

今後、今回習った内容の復習をブログに載せていこうと思います。
いままでの流れと少し方向がずれるかもしれませんがよろしくお願いします。


九州の次世代のプロフェッショナルを育成する
ビジネスプロフェッショナルスクール (BPS)
bps_banner



スポンサーサイト
第13回 ファイナンスついて
さて、今回からファイナンス講座で習った内容でお勉強していきたいと思います。

ファイナンス講座では最初にファイナンスと会計の違いについて、また財務三表についての説明がありました。

コーポレートファイナンスの場合、会計とファイナンスは切っても切れない関係にあります。

ファイナンスとは「企業価値を最大化する」ことを目的としますので、どこから資金を調達してどこに投資すればより多くのリターンが得られるかという未来のことを考えるためにも現在を知っておく必要があります。
その現状を把握するためには会計(財務会計)は不可欠です。

ファイナンスと会計の関係についてはマインドマップをどうぞ。
そういえばもうすぐ、マインドマップ発明者トニー・ブザン公認のマインドマップソフトが出ますね。
正直欲しいです。。。imindmap日本語版

080211_finance_study13


次回からは少し会計のお勉強をしていきたいと思います。

更新のモチベーションアップに御協力下さい。
人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします♪
ブログ村 株ブログへ
第14回 決算書ついて
今回から、少し会計についてお勉強していきましょう。

決算書は、貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュフロー計算書の三つから構成され、これらは「財務三表」と呼ばれています。

キャッシュフロー計算書については少しおいといて、まずはB/SとP/Lの関係についてみてみましょう。
ここからは、図を見ながらお読みください。

080221_finance_study14


B/SとP/Lは「点と線」の関係といえます。B/Sはその地点での状態をあらわし、P/Lはそれまでの経緯をあらわしたものです。

例えば、すでに貯蓄が100万円あるとします。そして毎月給料が30万円で生活費に20万円かかるとします。すると貯蓄は月10万円できますね。給料も生活費も毎月かわらず、1年たつと、貯蓄額は120万円+元の100万円で合計220万円になってますね。

この例でいうと、1年後の結果として120万円貯蓄(利益)できて、元の100万円とあわせて合計220万円(資産)があるという状態を表したものがB/Sであり、毎月30万はいって20万円消えていき、10万円ずつ貯金していったらその一年でいくら貯蓄できたかという経緯を表したものがP/Lです。

よく、B/Sは結果を表し、P/Lは原因を表すといわれます。

次回はB/Sの中身に入っていきます。

更新のモチベーションアップに御協力下さい。
人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします♪
ブログ村 株ブログへ
アフィリエイト・SEO対策 アクセストレードレビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。