ファイナンスのお勉強
株式投資、不動産投資、FXをやるためにファイナンシャル・インテリジェンスを身につけていこうというブログです。『金持ち父さん貧乏父さん』から影響をうけました。マインドマップでお勉強してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第17回 自動車会社6社のざっくりとした財務分析・比較
第16回で勉強した内容で、日本を代表する自動車会社6社の
財務分析・比較してみました。

各自動車会社HPのIR情報から過去5年間の売上と、2006年度決算
時の貸借対照表を参考にして比較表を作成しました。
それでは下図をご覧ください。

080405_finance_study17


なお、表中の自動車会社の順番は売上の大きい順に並べています。

①まず、売上をみると、トヨタが約24兆円で大きくリードしています。
 過去5年間の売上推移をみても、トヨタはとてつもない売上を
 年平均11.5%で成長させています。
 続いて、日産が年平均11.3%で売上を伸ばしていっているのが
 わかります。
 三菱以外はだいたい毎年プラス成長できています。

②次に流動比率をみると
 ホンダが123%と6社の中では安定した資金繰りだと思います。
 つづいて日産、スバル、トヨタ、マツダになります。
 三菱が95%と、一年に返さないといけないお金のほうが、
 入ってくるお金よりも多くなっています。
 まだリコール問題の影響が残っているのでしょうか。
 
 そういえば、『「1秒!」で財務諸表を読む方法』という本で、著者は、
 もし財務諸表を1秒しか見る時間がないとしたら、「貸借対照表」の
 「流動資産」と「流動負債」を見て、「流動資産」が「流動負債」よりも
 大きいかどうかをみる、と書いてありました。それだけ、流動比率が
 どうなのかをみるというのは重要なんだと思いました。

③つづいて固定資産、固定負債、自己資本から固定長期適合率を
 みると、圧倒的にトヨタが40%で他を寄せ付けない数値になって
 います。
 これはかなりの余剰金があるために、このような数値になって
 います。日産とホンダはだいたい同じくらいですね。
 三菱は100%を越しています。つまり、固定資産の維持調達に
 ついて流動負債にも依存していて、資金繰りが厳しい状態の
 可能性があります。

①~③から、健全な財務状態でいえば圧倒的にトヨタに軍配が上がります。
今回の比較では、ホンダと日産の数値はだいたい同じくらいでしょうか。
流動比率ではホンダの方が上ですが、売上と固定長期適合率ではあまり差はみられませんでした。
ホンダと日産を比較するにはさらに、損益計算書の営業利益比較などを行う必要がありそうです。
(日産の株価を調べるとホンダの4分の1ぐらいしかありません。日産の株は割安なのでしょうか?)
マツダとスバルは着実に力をつけていっている感じですね。三菱は前のリコール問題がまだ尾を引いているのでしょうか、あまり芳しくありません。

まだ各社2007年度決算情報をHPに掲載してないので最新分ではありませんが、比較を行うことでざっくりとした財務状態を知ることができました。今回行った比較プラス、株価や、損益計算書の数値を用いてさらに詳しい財務分析を行うことができます。
現在は簡単に会社HPのIR情報で年度別の財務諸表を見ることができ、簡単にExcelで比較表が作れます。また、このような比較表をつくっておけば、いくらでも流用でき、いろいろな会社の比較をおこなうことができます。是非一度やってみてください。

次回からは損益計算書についてお勉強していきたいと思います。


更新のモチベーションアップに御協力下さい。
人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします♪
ブログ村 株ブログへ
スポンサーサイト
アフィリエイト・SEO対策 アクセストレードレビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。