ファイナンスのお勉強
株式投資、不動産投資、FXをやるためにファイナンシャル・インテリジェンスを身につけていこうというブログです。『金持ち父さん貧乏父さん』から影響をうけました。マインドマップでお勉強してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第14回 決算書ついて
今回から、少し会計についてお勉強していきましょう。

決算書は、貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュフロー計算書の三つから構成され、これらは「財務三表」と呼ばれています。

キャッシュフロー計算書については少しおいといて、まずはB/SとP/Lの関係についてみてみましょう。
ここからは、図を見ながらお読みください。

080221_finance_study14


B/SとP/Lは「点と線」の関係といえます。B/Sはその地点での状態をあらわし、P/Lはそれまでの経緯をあらわしたものです。

例えば、すでに貯蓄が100万円あるとします。そして毎月給料が30万円で生活費に20万円かかるとします。すると貯蓄は月10万円できますね。給料も生活費も毎月かわらず、1年たつと、貯蓄額は120万円+元の100万円で合計220万円になってますね。

この例でいうと、1年後の結果として120万円貯蓄(利益)できて、元の100万円とあわせて合計220万円(資産)があるという状態を表したものがB/Sであり、毎月30万はいって20万円消えていき、10万円ずつ貯金していったらその一年でいくら貯蓄できたかという経緯を表したものがP/Lです。

よく、B/Sは結果を表し、P/Lは原因を表すといわれます。

次回はB/Sの中身に入っていきます。

更新のモチベーションアップに御協力下さい。
人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします♪
ブログ村 株ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finance0intelligence.blog117.fc2.com/tb.php/18-f1ce0ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アフィリエイト・SEO対策 アクセストレードレビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。