ファイナンスのお勉強
株式投資、不動産投資、FXをやるためにファイナンシャル・インテリジェンスを身につけていこうというブログです。『金持ち父さん貧乏父さん』から影響をうけました。マインドマップでお勉強してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セゾン投信のセミナーいってまいりました2
すこし、日が経ってしまいましたが、先週のセゾン投信のセミナーで印象に残ったことを書いていきます。

澤上さんがおっしゃったことで印象に残ったのは「10年後、現在日本の預貯金1000兆円のうち、1割の100兆円がマーケットに流れ、そのうちの半分である50兆円がさわかみ投信等の直販に回ってくる」とおっしゃったことです。その理由として、「浪速おふくろ投信」のような直販の「おらがまち投信」というのが今後20ぐらいできて、長期投資への流れができてくるからだそうです。

あと、参加者からの質問で、いまサブプライムショックで株価が下がっているので、買いかどうかという質問があり、専門家の先生は今の状況でリスクをとりたくなければ、ドルコスト平均法、つまり、ちょこっとずつ買って価格変動リスクを分散していけばどうですか、というありふれた回答だったのですが、澤上さんは「価値があるものは価値があるから、いまサブプライムで落ちていて、マーケットが沈んでいるから買わないというのは長期投資という視点からみると、逆だ」とおっしゃられ続いて、「投資とは自分の夢や意思・価値観をお金で将来に託すことだ」とおっしゃられたとき、なるほど、長期投資とはそういうことだったんだと思いました。

あと、澤上さんはしきりに「イメージしてください」、「イメージが重要です」とイメージという言葉を何度も繰り返していらっしゃいました。
やはり、この方は他の証券アナリストとは違った視点でマーケットというものをとらえて行動されているのだなと感じました。

セゾン投信の社長も澤上さんのように「うちのファンドは儲かるよ、買ってくださいね」といったことは一言もおっしゃられなかったです。長期投資を通してよりよい未来をつくる、その仲間をあつめているといった感じが強かったように思います。

資産を託す以上、その投信の代表の考えを聞くことは重要だとおもいました。
長期投資に興味がある方は是非このようなセミナーに参加することをおすすめします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/04/20(月) 10:29:43 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://finance0intelligence.blog117.fc2.com/tb.php/22-66e25a46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アフィリエイト・SEO対策 アクセストレードレビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。